スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
世界王者!?「きのこ」
山の木々は生命エネルギーにあふれた眩しい緑色から
燃えるような紅や黄へとその彩りを変化させつつあります。
ここ北海道は、ひと足早くこの季節の匂いに包まれています。

秋!

そして秋といえば、そう!
きのこのシーズンです!


今週のNHK教育テレビ「きょうの料理」は、

月「しいたけのえび豚ボール」
火「しめじとさけのクリームパスタ」
水「えのき豚」
木「エリンギと牛肉の生姜煮」

わー!
きのこづくし!!
きのこ料理のオンパレードであります。
字ヅラで見ただけでもヨダレがこぼれそうなのに、
写真やレシピがホームページに全部載ってるので、
早く閉じてしまわないと、やばい。
→開いて後悔する「きょうの料理ホームページ」(空腹注意!)

くそっ、空腹の残業中に見るんじゃなかった!!(仕事しろよ)


きのこと言えば、もちろん「しいたけ」「しめじ」「えのき」「マイタケ」、
このところすっかり定着した「えりんぎ」「ブナピー」などを
想像するかもしれません。実際、旨いので大好きだし、
きのこ料理には欠かせない食材たちです。

しかし!
スーパーにあるそれらは秋の味覚ではありません。
いつでも買えるただの製品なのです。

ホントの秋の味覚「きのこ」は、
山に入り、木々や枯れ草をかきわけてポイントを見つけ、
探して採って鑑定してようやく口にできるもの。
ただでさえめちゃくちゃ旨い秋のきのこ、
苦労して採れば、喜びもひとしお!なわけです。


ここ北海道で採れるきのこといえば、
代表的なのが「ぼりぼり」と「ラクヨウきのこ(落葉きのこ)」。
そこで今回はまず、ぼりぼりの話を少し。


ぼりぼりとは「ナラタケ」のことで、
北海道や本州の北部でよく獲れるそうで、地方によって呼び名が違うそうです。
TB先のViridian Forestさんによると、
あまんだれ(新潟県中越地方?)、ぼりぼり(北海道)、おりみき(福島県)、
かっくい(岩手県)、さもだし、さわもだし等々…
だそうで。
それだけ昔から各地で愛食されているというわけなんだな?。

さてそのナラタケですが、
世界的権威である科学誌「Nature」に掲載された
アメリカの研究者による調査結果によると、
ひとつの山全体に菌糸をはりめぐらせている個体もあるそうで、
きのこが世界最大の生物であるという見方が支持を得ているとのことです。

地上に生えている部分はそれぞれ小さいのに、
それが全部同じ個体だなんて・・・すごすぎる。
山のこっち側でおじちゃんが採ったナラタケと
山の裏側でおばちゃんが採ったナラタケが、
ひとりの巨人の足のツメと髪の毛だった、みたいなもんだ。
(余計わかりにくっ!)

もっと詳しい話が掲載されているページがあるので参考までに。
北海道ネイチャーグラフィックマガジンfaura 13号




広大な大地に根を張りめぐらすナラタケにひとこと。
あなたは大地の守護神である。
(かもしれない)
ある日突然人類を襲いだしたりしたら・・・こわ!




がってんな方は→ぽちっとランキング (-_-)




まあ大きさはともかく、
味噌汁やら味噌汁やら・・・にして食べると、
独特の歯ごたえが楽しめる、北海道では最も採りやすいと言っても
過言ではないくらいポピュラーでたくさん生えている、
しかも見分けやすいきのこです。
食べたこと無い人は、ちょいと気軽に山に入ってみるべし。


次回はラクヨウ(落葉きのこ)で!



※少年期を過ごした第二の故郷・馬産地静内(新ひだか町)の
 ぼりぼり記事を見つけてトラックバックさせていただきました。
 しずない通信 静内いんでな?い
 静内は本当に居心地のいいまちです!!


スポンサーサイト

テーマ:秋の味覚 - ジャンル:グルメ

【 2007/10/01 20:25 】

食材 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<旨すぎ!「きのこ」2 | ホーム | ほとばしる芳醇「花酒」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://donan60.blog120.fc2.com/tb.php/11-5b1fc574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。