スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
品種あれこれ「ぶどう」の妙
秋のぶどうには、本当にいろんな品種があります。
巨峰、マスカット、キャンベルス、デラウェア、バッファロー・・・
どれもみずみずしくて本当に旨いんだけど、
タネを吐き出すのが面倒でしょうがないので、
俺が特に好きなのはデラウェアやレッドグローブなどの
種なしとして流通している品種。
レッドグローブは皮ごと食べられるので、
面倒くさがりにはたまらないお手軽な品です。

そんなわけで、ぶどうを選ぶ際は
種のありなしが第一の基準となるのだけど、
種なしで新種が出てきたとのこと。

【四季彩旬楽】新しいぶどう「大粒 種無し 美しい」【翠峰】

まじか!?
美しいかどうかはこの際どうでもいい(-_-)として、
種なしで大粒だったら、
少ない手間で大量に食えるじゃないか!

というわけで、ものぐさな自分にとっては注目の品種です。
(いや、そういう基準でいいのか?)
レッドグローブみたいに皮ごと食えて、
巨峰やピオーネみたいにフレッシュな酸味が
あると最高なんだけどな?。


種なし種なしと騒いでみたけど、
種があろうとも、どうしても愛してやまないぶどうがあります。
それは山ぶどうです。

全国的に自生しているらしいので、
野山が好きな人は一度は口にしたことがあるかと思うけど、
粒が小さい割に種は大きくて、実が少々まばらな感じで、
口に入れるとめちゃくちゃ酸っぱいあれです。

本当に酸っぱくてあまりたくさん食べられないんだけど、
どういうわけか、その強烈な刺激がたまらない!

小学5年生の頃、
父が仕事のついでに山ぶどうを採ってきたということで、
母は酒に浸けるだのなんだの言っていたけど、
たくさんあったので少し失敬することに。
ところが、かの強烈な酸味にすっかりハマってしまい、
気が付けばひと房も食べてしまっていました。


そして、悲劇は数分後に起こった・・・・・・


うがああ!!
舌にモーレツな激痛が!!!


そう、刺激が強すぎて舌が炎症を起こしたのでした。
そしてその炎症は、水でいくら冷やしてもちっとも治らず、
丸々一週間、苦痛に耐える日々を送ったのであった・・・。

それでも、一度味を知るとやめられない。
山ぶどうは山野の味覚のロマンなのです。


ぶどうにひとこと。
あなたは秋の味覚のブロードウェイである。


色とりどりに華やぐ女性ダンサーのように
多様な品種がみずみずしく実る―――
秋という舞台で、彼女らは今年も笑顔を振りまきます。




がってんな方は→ぽちっとランキング (-_-)



ブロードウェイとブドウをかけてるとか
舞踏とブドウをかけてるとか
まあ、そういった感じも・・・あっ・・・(-_-)




スポンサーサイト

テーマ:果物・フルーツ - ジャンル:グルメ

【 2007/09/26 20:52 】

食材 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ほとばしる芳醇「花酒」 | ホーム | 北国のルビー「イクラ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://donan60.blog120.fc2.com/tb.php/9-a3f3c9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。